「警告 DOC-5J W_DBS_0109 データベース(superj)の使用率(**%)が警告使用率(○○%)を超えています。」と表示される。DOC-5J

コンピュータに入力したデータ量が許容量の8割を超えると、データ量が満杯になる前に空きを作る作業が必要になります。
(許容量を越えると、システムを起動時に下図の警告画面が表示されます。
OKで閉じるとそのままご使用頂けますが、お時間のある時にDBメンテナンス処理を行って頂くようお願いします。)

【処理時間】約25~60分(機種・データ量により異なります)

※ 処理が終了すると電源が自動で切断されますので、本日の診療終了後に行われることをお勧めいたします。

【処理手順】(サーバでのみ処理を行います)

  1. サーバの電源のみついている状態にし、他のコンピュータの電源はすべて切断します。
  2. よく使うメニューの右下にあるオフラインを選択します。
  3. システムメニュー(オフライン)よりバックアップを選択し、データのバックアップを行います。

    ※ DBメンテナンス処理では、自動でバックアップを行いません。
    事前にバックアップを行ってから、この処理を行うようにしてください。

  4. バックアップ後、システムメニュー(オフライン)より2頁目を選択します。
  5. DBメンテを選択します。
  6. 「DBメンテナンスを実行します。よろしいですか?」と表示
    されましたら、はいを選択します。
  7. 処理が流れます。(約20~50分)
    「30秒後にシャットダウンを実行します。」と表示されました
    ら処理終了です。
  8. コンピュータの電源が自動で切断されます。

【注意】
DBメンテナンス処理を行った後に再度警告画面が表示された場合は、モリタまでご連絡ください。

このQ&Aで、お困りごとは解決できましたか?

  • 解決できた
  • 解決できたが分かりにくかった
  • 解決できなかった

ご評価いただき、ありがとうございます。今回の回答について、ご意見・ご感想があればお聞かせください。

ご協力ありがとうございました

back