残根上の義歯の入力方法は? DOC-5PROCYON2

<例>欠損[義歯]の部位:4~7、残根部位:5の場合

あらかじめ残根設定を行う場合

  1. 診療入力画面の部位入力画面で、欠損設定残根を選択します。
  2. 残根部位(例の場合は5)を指定し、完了を選択します。
  3. 義歯を作製する部位で部位入力し(例の場合は4~7)、補診、印象等を入力します。
    レセプト部位付き摘要「残根上の義歯」が自動的に表示されます。

※ 1度残根設定を行うと残根が記憶されます。翌月以降に義歯関連の処置を入力したとき、レセプト部位付き摘要「残根上の義歯」が自動的に表示されます。

任意で摘要「残根上の義歯」を入力する場合

  1. 診療入力画面で、義歯を作製する部位で部位入力し(例の場合は4~7)、補診、印象等を入力します。
    処置確定を選択し、病名を付けます。
  2. 残根部位で部位入力し(例の場合は5)、摘要→「レセプト摘要」タブ→「有床義歯」→「残根上の義歯」→処置確定を選択します。

※ 1度摘要を入力すると残根が記憶されます。翌月以降に義歯関連の処置を入力したとき、レセプト部
位付き摘要「残根上の義歯」が自動的に表示されます。

このQ&Aで、お困りごとは解決できましたか?

  • 解決できた
  • 解決できたが分かりにくかった
  • 解決できなかった

ご評価いただき、ありがとうございます。今回の回答について、ご意見・ご感想があればお聞かせください。

ご協力ありがとうございました

back