70歳以上75歳未満の一般・低所得の患者で、窓口の月累計金額が自己負担限度額に達していないが、レセプトの一部負担欄に金額が印字される。DOC-5J

平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えた前期高齢者(一般・低所得)の患者(患者情報画面:所得区分欄に「1割」と登録している患者)の場合、日毎の窓口の「今回負担金」の月累計金額が9,001円を超えると、一部負担欄に金額が印字されます。

※ 平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えた前期高齢者(一般・低所得)の患者で、区分Ⅰ(低)/区分Ⅱ(低)の認定証をお持ちの場合は、日毎の窓口の「今回負担金」の月累計金額が4,001円を超えると印字されます。

レセプトはそのまま提出していただいて問題ありません。

【レセプト:一部負担欄の印字について】
平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えた前期高齢者(一般・低所得)の患者の場合、日毎の保険点数を2割負担で計算し月累計金額が自己負担限度額を超えた場合、一部負担欄に日毎の保険給付外額を1割負担で計算した金額を印字(従来どおり、変更ありません。)

このQ&Aで、お困りごとは解決できましたか?

  • 解決できた
  • 解決できたが分かりにくかった
  • 解決できなかった

ご評価いただき、ありがとうございます。今回の回答について、ご意見・ご感想があればお聞かせください。

ご協力ありがとうございました

back